2017年8月19日土曜日

誰にも邪魔されない至福のひととき

配偶者と養女がバリ島に帰っているので、私は一人ぐらしを楽しんでおります。
一人で何をやっているかというと、昼間は仕事で、何も変わりません。もともとお盆休みなんかありません。夜はゆっくり読書。



数年前に買ったKoboにはこれが入れてある。
秘境西域八年の潜行〈上〉〈中〉〈下〉 西川 一三  (著)
大戦中、日本の密偵としてモンゴル人ラマ僧に化けた著者がモンゴル→青海→チベット→インドを放浪したという「セブン・イヤーズ・イン・チベット」が霞んで見えてしまうレベルの大冒険記。旅とか放浪とかのレベルではなく、生きるためにインド-チベット間を荷物を担いでヒマラヤ越え交易(タバコの密輸)数回、レボン寺(チベット・ラサ)でのラマ僧修行。イギリス情報機関に利用されたような形で西康省(チベット・カム地方)を命からがらの走破調査。托鉢というよりも物乞いをしながらのインド仏教聖地巡礼。小説でもここまですごい人間はなかなかいない。しかもこれ、脚色はあるだろうけど実話。ただただ圧倒されます。今まで何度読んだかわからなけど、何度読み直しても面白いです。

こういう壮絶な冒険記を、平和な場所で静かも音楽を流しながら没頭して読む一人の時間。まさに至福のひとときです。

ちなみに自作臭をプンプン放っているネットラジオの元はこれ


PLANEX IoTインターネットラジオ (画像はAmazonから拝借いたしました)
安い割に結構使えますが、こんなかっこ悪いものを部屋に置きたいか?というのが一番の問題です。



結局分解して、基盤とスクリーンを取り出し、一応バスレフらしき箱を作り、そこら辺に転がっていたFostex FE85Kだったかをくっつけました。
読書のお供はSpace Stationo Soma で決まりです。


2017年8月14日月曜日

時がすぎるのはものすごく早いもの

今年もついこの前に年が明けたと思っていたら、すでにお盆の時期になり、お盆がすぎればもうすぐに正月という、年月の早さを感じずにいられません。

お盆あたりには毎年高校の同級生が集まって飲んだりするのですが、今年もありました。確か42歳のときからやっているから6回目ぐらいではないでしょうか。今年は男ばかり9人の集まりでした。関係ないですけど、私は普段酒を全く飲みませんので、正月以来久しぶりに酒を飲む機会です。



今回はモンゴルレストラン シンキローというところでやったのですが、モンゴル服を着て、お客さんみんなで歌って騒いでというかなり楽しいところでした。隣のグループが若い女の子たちで(俺たち48のおじさん集団)、一緒に記念写真を撮ったりというのが不自然ではなくそういう流れになってしまうという和気あいあいとした雰囲気です。正直、飯は大して美味しいというほどのものではありませんが、こういうのはなかなか楽しいです。50近いおじさんが写真に映るときにピースを出すというのは、もういかがなものかと思いますが、楽しいのでしょうなぁ。私は恥ずかしくてできませんけど。

同級生と話していて、若者から老人になるのはものすごく早いのを実感するという、そんな話をしていました。
というのは、40歳前は世間では若造扱いされることが実際多いですが、50歳をすぎれば初老扱いされ始める。その間たったの10年。要するに40代の10年だけが若造でも老人でもない年頃なわけです。私は残り2年もない。何かものすごく虚しいものを感じ始めました。

しかしこの年頃になると、同級生というのは良いね。女の人は知りませんけど、男の場合、同級生というのは利害関係がないし、お互い見栄を張る必要もない、誰が勝っていようが負けていようが、今の境遇とかそんなの超越して笑って楽しめる。この間柄で境遇の比較などもう何の意味もなさないから誰もしていない。今がどれだけ立派でも、高校のときは大体等しく馬鹿で世間知らずの小僧だった。まあこういうのも一年に一度だから良いんですけどね。

まあ一年に一度だから、よけい年月がすぎる早さを実感する、そういうものかもしれません。

2017年7月26日水曜日

立体花壇 その後

6月15日の投稿、立体花壇 その後です。



左側の立体花壇。結構な勢いです。



こちらもワサワサして見栄えが良いです。



比較すると一目瞭然。

1200mmぐらいの高さで作ったのですが、ちょっと高さが足りないような気がします。
やはり1800mmぐらいの高さで作って、あと3段、4段増やすとかなり存在感が増して見栄えが更に良くなると思います。



ちなみに2400mmぐらいの新しい廃棄パレットが4枚ぐらいありますよ。
誰かパレット再生で何か作りたい方、差し上げますよ?というか勝手に持っていっても怒られないです。



作りたい方は立体花壇でも、ピラミッドプランターでも3D図面は差し上げます。

2017年7月18日火曜日

ピラミッドプランター その後

ピラミッドプランターを制作して大体1ヶ月ほど経ちました。このあたりは梅雨の間にそれほど雨もふらず、割と好天が続きました。



この1ヶ月で私は何も成長しませんでしたが、植物は結構生育しました。



所によっては、所狭しで飛び出してきております。



左側の下から二段目、ケイトウはちょっと元気がないです。



この花は大きくなるに連れて倒れてくるので、倒れ防止の補強を入れて何とか持たせております。





もう押し合いへし合い。ちょっと入れ過ぎたな、というね。この花はもう1株少なくても十分でした。



こうやって比べてみると、この1か月で随分とワサワサしたものです。
9月頃までは暑いですから、後2ヶ月まだまだ成長するのでしょうか。楽しみではあります。

2017年7月17日月曜日

Pokemon Go Plus用レザーキャップ

去年の10月ぐらいからでしょうか、Pokemon Go Plus用デコレーションキャップ(http://aki-asahi.shop-pro.jp/?pid=107737403)と言うものを売っているわけですが、爆発的に売れるわけではないのですが、ボチボチ以上という感じで売れるのです。売上で100万円以上は軽く行っていると思います。100万円って随分とショボいなと思われるかもしれませんが、利益率が割とよく、手間もあまりかからない、一月に換算すると15万円ぐらい売れるっていうのはウチみたいな小規模な事業者ですとかなり有り難いのです。

そういうお金が入ってきたところで、よーしこの金で何か買ってやろうず!とか考えることは全くなく、これで毎月のクソ高い社会保険と厚生年金が払えるとか、ここの工房の賃料が払えるとか、そういう消極的なことしか考えないわけなのですが。
いや、実は金の流れを目ざとく見つけた銀行さんが「定期預金をお願いします、ノルマがどうしても」ということで○00万の定期預金をしてしまいました。事業性の資金で定期預金というのは、こう言っては何ですが相当な問題があります。流動性が低い定期預金というのはいわゆる死に金ですので、事業をするものとしては、そんなところに金を回すのではなく、それを積極的に使って利益になりそうなことを考える(いわゆる投資ですね)、それが当たり前の姿なわけです。定期預金など金の使い方としては0点に近いと言って差し支えないです。でも良いんです良いんです。そもそも私は事業者に向いていないことをよく自覚しているのです。私ほど経営者に向いていない人間は、世間ではなかなか見ないなぁ。

まあとりあえず、3Dプリンターを購入代金20万円ぐらいは軽く元を引いたというか、3、4台ぐらい追加で購入できるぐらいの利益は出ただろうというわけで(買わないけど)、まあそれなりに満足。3Dプリンターがなければ得られなかった利益なのですから。

さて、これだけでは寂しいので、もう一品Pokemon Go Plus関連のものを新たに追加いたしました。



今度は革をPokemon Go Plusの形状に沿って絞り加工をして作りました。
ドライヤーで伸ばしたりする必要もなく、そのまま裏のテープを剥がして貼り付ければピタッと合います。



ブラウン



ブラック



キャメル



レッド

今度のものは、Pokemon Go Plus用レザーキャップ 700円税送料込み。
こちらのページhttp://aki-asahi.shop-pro.jp/?pid=120188625)で販売をしております。よろしければ買ってやってください。



Ricoh Auto Half E用貼り革キット

今でも意外と売れたりする根強い人気のオートハーフですが、せっかくですのでオートハーフEの貼り革を作りました。

















オリジナルのプレートを剥がして新しい革を貼り付けます。
多分オリジナルのプレートの上に貼り付けても問題ないような気もしますが、何ともいえません。

900円税送料込み。こちらのページで販売をしております。
裏蓋のモルトの貼替えもついでにいかがでしょう?E,E2専用モルトは、こちらのページで販売をしております。


2017年7月5日水曜日

モノブロック ストロボ

ブツ撮りと言っても、大したものは取らないのですが、商品のサンプル写真を撮るので、モノブロック ストロボを使っております。クリップオンストロボでは光量が少なくて話しにならないのです。



このモノブロックストロボは一体いつ買ったのか覚えておりませんが、15年ほど前に買ったのではないかと思います。



Paul C Buff, Ultra Zap 2400というメーカー製です。 1000wも光量があるとかなり重宝します。当時でもアメリカからの送料を込んでも70000円ぐらいではなかったかと思います。15年も使えば十分元が引けていますね。しかしとうとうこれが壊れました。

同じメーカーのものを買いたいところですが、もう直販はしないらしく、しかも日本に代理店もないので諦めました。

今時安いものもあるので、6000円ぐらいで180wのものを買ってきました(左のもの)。





パワーは1/5ですけど、1000wのものは普段は1/3ぐらいの出力で焚いていましたので、何とか使い物になりそうです。

180wとはいえ、6000円ですよ。すごい時代になりました。1年使えれば文句は言わないです。

2017年6月20日火曜日

The Pyramid : DIYプランターの終着点 続き

The Pyramid : DIYプランターの終着点 の続きです。



底板を組んでいきます。
この部分は一番水に晒される場所で、木材だと腐りやすいと思いますので、樹脂のデッキ材を使います。その樹脂のデッキ材は隣のデッキ工事屋のゴミから適当なものを見繕ってきました。あくまで金をかけないという意地でやります。当然残りのフレームなどは解体したパレットを使います。



トップの部分を作ります。ここは筒状にして横に穴を開けて、水やりを楽にしたいという目論見です。それがなければ捨ててある90mm角ぐらいの木材でやればいいです。



防腐剤をたっぷり塗り込んでおきます。



フレームを底板に乗せます。



最初の一段目を打ち付けます。



2段目からが難しそうなところです。設計値は上のメモのとおりです。



2段目が完了。



日曜日の朝からやっていますが、午後3時頃までに終わらせないと花を買いに行って、植えることができなくなります。日をまたぐとやる気が失せてしまいかねませんので、スピード重視でやっていきます。設計図は出来ているのですからゴールは明確です。
曇り模様の天気ですので、モタモタやっていると雨が降って来そうだという理由もあります。晴れているよりも涼しくて作業はしやすいのですけどね。



写真だときれいに組み上がっているように見えますが、そんなことはありません。
結局幅とかは現場合わせでやっています。



昼まででここまで積み上がりました。
困ったことにAmazonで買った車輪がまだ届きません。今日届くはずなんだけどな。車輪がついていないと動かせないので困りますよ。



昼近くに届きました。届きましたであります!



底板をひっくり返して車輪を付けます。



自在キャスター、Φ75mm 4つで1000円ぐらいです。安!



昼は冷凍ものをレンジで温めて急いで食って、仕事を続けていき、2時すぎ頃には組み上がりました。多少斜めってるのは気にしません。こういうものは勢いです。気にし始めると先に進まないです。いいんですいいんです。誰も気になんかしません。



白木のほうが格好いい気がするのですが、この色の防腐剤しか無いです。
2度塗りをやっている暇はありません。





さぁ、花を買いに行くよ。



アメリカンブルー1カゴ1000円。



1カゴ1200円。



1カゴ1200円



培養土14リッター200円x12袋



土が入りすぎ。12袋では全然足りません。内部に発泡スチロールを入れておけばよかったです。結局16袋ぐらい入りました。土だけで4000円近いというね、花よりも高いっての、なんともバカバカしいことです。



金髪のババア(うちの配偶者)がバランスを考えながら花を植えていきます。








午後5時頃に完了いたしました。バンザイ。
男だったらやってみろというピラミッド プランター。一日仕事でした。
palette recycled pyramid planter



捨ててあるパレットがこうなった。まるで魔法のような(笑)お話でした。めでたしめでたし。